コスパ最強なサーキュレーター

未分類

モザイクガエルです。

サーキュレーターを新調しました。

結論から申しますと2,980円の格安サーキュレーター

落ち着きました。

 

私は一人暮らしでワンルームマンションに住んでいます。

おおよそ8畳程度の間取りですが、購入したサーキュレーター

で充分な送風能力を体感できています。もちろんデザインも

そんなにダサくないです。笑

 

なぜこのサーキュレーターに落ち着いたかを説明します。

 

  1. 流行のDCモータ扇風機調査

    昨年に引き続きDCモーター扇風機が流行しそうで、

    各社とも”省エネ扇風機”として

    売り出し中です。

    DCモーター扇風機の比較サイト等もたくさん

    出てきています。

    例として以下サイト様を引用させていただきます。

    いずれのサイト様にも記載がある通り、DCモーター

    扇風機の最大の売りポイントは”弱風”にある!

    と思います。

     

    夏の寝苦しい夜に、高原に吹く爽やかなそよ風こそが

    DCモーター扇風機の特徴と言えるでしょう。

    しかし!良く本体価格をご覧になってください!!

    本体価格3万円なんてざらにある話で、

    ○イソンなんて7万円もするモデルが発売されています。

    もちろん個人の嗜好なので細かい事は言いませんが、

    こんなもん買う人の気が知れないです。

     

    扇風機という1シーズンしか使用しないモノに対して

    3万円も提供する必要は無いと思います。私は。

     

    仮に3万円の本体を購入したとして、電気代が月々

    30~50円程度(弱風運転時)ですので、1シーズン

    使用しても、最大200円程度しか電気代は

    使用しませんね。

     

    確かに電気代は安いです。しかしあまりにも本体価格が

    高すぎるので、1シーズンしか使用しないのであれば宝の

    持ち腐れとなってしまいます。

     

    電気代月30円のDCモーター扇風機(3万円)

    電気代月200円のACモーター扇風機(0.3万円)の

    比較結果を載せてみます。試算結果としては約160ヶ月

    使用しないと元を取れない計算となりました。

    f:id:nokamiplace:20180624211553p:plain

    経過時間と総投資費用の関係を比較した結果

     

    良いものが欲しい!という強い願望が無い限り、

    安い扇風機を購入した方がお得だと言えます。

     

  2. サーキュレーターにした理由

さて先程の結果からDCモーター扇風機を購入するメリット

があまり無い事が分かりました。もちろん弱風を楽しみたい

方は話が別ですよ!

 

では、サーキュレーターはどうでしょう。

こちらも同じですね。DCモーターサーキュレータを購入する

メリットがありません。本体価格が高すぎます。

そこで従来通りのACモーターサーキュレーターに落ち着き

ました。本体価格が安ければ、他は特に気にせず購入しよう

と心に決めていました。ただ、サーキュレーターとして

使用する為、できれば天井付近まで送風をしたかったので、

90°上を向けるモノを探していました。

 

そんなある日、ひょんな事から近所のコーナンに足を運ぶ

きっかけがありました。ついでに店内を物色していたら…

見つけました。今回購入したサーキュレーター。

 

f:id:nokamiplace:20180624194915j:plain

型式:PKT-CL18YS(K)

価格:2,980円(税抜き)

横首振り:±80°程度

縦首振り:5段階(天井向られます)

送風強度:3段階(弱・中・強)

デザイン:まあまあ

f:id:nokamiplace:20180624194949j:plain

天井向きます。

f:id:nokamiplace:20180624195344j:plain

裏面に回転板があり、その上にサーキュレーターが乗っています。

価格も安くて、ダサく無い外観。電気代は一般的な

サーキュレーターと同等と仮定して月500円程度で

しょうか。一人暮らしには充分すぎる風量もあり、

個人的には満足しています。

 

今年の夏はDCモーター扇風機で無ければ嫌だ!

って方以外は普通のACモーター扇風機をおすすめ

します。

 

では、今回はこれで。

 

スポンサーリンク