最近の読書状況(思考法編)

BOOKS

唐突ですが電子書籍が大好きです。

電車移動時には必ずkindleと友達になって、

二人だけの時間を過ごすのですが、

最近は紙媒体との付き合い時間も長くなってきました。

 

浮気者ですね。。

 

といいますのも、

私事なのですが最近結婚しまして、以前と比較して自宅に

引きこもる時間が非常に長くなりました。

まあ単純にお金がないからです(小遣い制になりました)笑

 

自宅で読書をするならば、携帯性に優れているという

条件が必要ないので、紙媒体の方が良いのでは?

 

と思って紙で購入する機会が増えました。

その分本棚のスペースを圧縮するので邪魔なのと、

経年劣化を否定できないのが玉に瑕ですが。

 

やはり紙にしか表現できない良さも有ります。

ペラペラとページを捲るのも電子書籍には実現できない

ことですし、何よりも本を読んでいるっていう充足感もあります。

電子書籍にもなくはないですが、やっぱり無機質です。

どちらにも、一長一短があるので紙媒体そのものは

廃れる文化ではない、と個人的には考えています。


 

さてさて、最近は仕事が非常に暇というか閑散期?でして

ほぼ毎日定時で帰宅することができています。ありがたい。

空いた時間を利用してモノの考え方について少し考えてみよう

かなと思い立ち、思考法について勉強してみようかと思い立ちました。

なぜそんな事を考えたのかを一言で言うと、考え方の裾野を広げる為

と言えますかね。

縁あって後輩の指導を担当する事になったのですが、人が違えば

考え方も当然違うと。僕自身は誰かに何かを指導された経験が少ないので

当然人に何かを教える経験値も少ないのです。

 

自分と異なる意見をもつ人に、相手の意見を享受しつつ、自分の意見を

曲げずに伝達するには、やはり人の思考を理解する必要がある、と思います。

そこで世に溢れている思考法の分野に手を出してみようと思った次第です。

手始めにではあるのですが、以下3冊の思考法本を読んでみます。

  • 思考の整理学 外山滋比古氏
  • 捨てる力   羽生善治氏
  • メタ思考トレーニング 細谷功氏(kindle本)

これらのうち、上2冊に関しては既に読み終わりました。

全く時代も異なる2冊なのですが、非常に興味深い共通点もありました。

これらについては個別に感想を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

BOOKS

Posted by mozaikugaeru