おなか革命による腸内フローラ改善と健康維持

OTHERS

モザイクガエルです🐸

腸内フローラ改善のためには、①肉の摂取量を少なくし、②野菜中心の生活を送る ことが重要だとわかりました。まだ読んでいない方はこちらを見てみてください♪

参考リンク:腸内フローラ改善の為の食生活について

ですが、現代社会に生きるわれわれにとって食生活をごっそり改善するのは至難の技です。私の場合は意志が弱いという側面が支配的ですが。笑

食生活変えずとも、腸内フローラ改善に期待のできる手軽な方法はないものかと探した結果、見つけましたよ。

かなり良さげなサプリメント

今回はそのサプリメント:おなか革命についてご紹介したいと思います!

8つの厳選成分で内側から身体環境を整える【 おなか革命 】

なぜ腸内フローラに良いのか?

私が最も気になる、なぜ腸内フローラに良いのか?をまとめます。一言で表すなら、以下の通りです。

含有成分にプロバイオティクスプレバイオティクスを含んでいるから

では、含まれている8つの成分とやらを見てみましょう。

8つの成分とは?

難消化性デキストリン:1 mg

難消化性デキストリンなんて聞いたこともない単語なので少し調べてみました。

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られました。消費者庁から特定保険用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。

参考リンク:大塚製薬様

どうやら良さ気な雰囲気は漂っています。詳細はリンク先に譲るとして、難消化性デキストリンを摂取する事で

  1. 糖の吸収スピードの遅延作用
  2. 整腸作用
  3. 脂肪の吸収スピードの遅延作用
  4. 内蔵脂肪の低減作用
  5. ミネラルの吸収促進作用

などがあるそうです。ただしこれらの効果が認められた条件として、1日5~10g程度の難消化性デキストリンを摂取した場合、との記述があるため、1mgの難消化性デキストリンを配合したおなか革命でどこまで効果があるかは分かりません。1mg = 0.001gですので1/1000しか含有されてません。

ダイジェザイム:50 mg

無知故に、全く聞いた事のない単語です。これも調べてみました。

ダイジェ財務は、小麦ふすま由来のアミラーゼとはじめ、セルラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼ、ラクターゼといった消化酵素の活性値を規格化したもの。

参考:健康産業流通新聞様

全く理解できません。それぞれ噛み砕く必要がありあそうです。

アミラーゼ でんぷんを分解してブドウ糖にする酵素。
セルラーゼ セルロースをブドウ糖に分解する酵素。
リパーゼ 中性脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する酵素。
プロアテーゼ タンパク質を分解する酵素。
ラクターゼ 乳糖を分解する為の酵素。

さて少しはわかりやすくなったでしょうか。要するに、摂取した栄養素を分解する為の酵素を一つのパッケージにギュッと詰め込んだものがダイジェザイムという事になりそうです。規格化されているということなので、それぞれの成分割合や含有量などが明確に決まっているのでしょうが、私の調査不足でそこまでは分かりませんでした。もし、分かれば追記させてもらいます。

アミラーゼはでんぷんを分解して糖にする作用をもつ酵素でしたので、これを摂取するという事は腸内フローラの善玉菌の働きを活性化させるプレバイオティクスであることが分かります。また、セルラーゼも同様にブドウ糖を作り出すという点では、プレバイオティクスといえるでしょう。

亜鉛含有酵母10%:20 mg

人間にとっての亜鉛とは、摂取することで、

  • 正常な味覚を保つことが可能。
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける。
  • タンパク質・拡散の代謝に関与する。
  • 酵素の構成要素となっている。

など様々な利点があります。

その亜鉛を含んだ酵母(生きた菌)を亜鉛含有酵母というそうで、その含有量が酵母に対して10%だから亜鉛含有酵母10%というのでしょうか。商標名の由来までは不明ですが、亜鉛を含んだ酵母であることは間違いありません。

で、酵母と亜鉛を一緒に摂取すると何が良いのかというと、腸内での亜鉛吸収効率が良いそうです。腸内フローラと亜鉛の関係は今の私には理解できていませんが、明確になり次第また展開させていただきます。今のところは、

亜鉛含有酵母を摂取することで人間に必要不可欠な亜鉛を効率良く吸収できる

と理解しておきます。

ナノ型乳酸菌nef

ナノ型乳酸菌nefは商標名らしいです。通常、乳酸菌というのは凝集して存在するそうです。バイエル板という通過して腸内に吸収されるそうなのですが、凝集した塊が大きすぎる為、吸収されずにただ通過するだけとなります。しかし、ナノ型乳酸菌nefは乳酸菌を凝集させずに分散させることによって、パイエル板を通過し、腸に吸収されるそうです。何か凄いテクノロジーの匂いがしますね!

乳酸菌そのものを増やす目的だと考えられますので、プロバイオティクスとしての働きに期待できます。

参考1:https://www.e-expo.net/information/nef/

参考2:https://www.ihmg.jp/materials/nef/index.html

有胞子性乳酸菌

乳酸菌を生きて腸まで届かせる為には、胃酸などの環境から守る必要があります。有胞子性乳酸菌は、厳しい環境になると、自分自身をその環境から守る為に、殻をつくるそうです。そんな強い乳酸菌を腸まで届け、増やす目的ですのでプロバイオティクスとしての働きに期待できます。

参考:https://www.kobayashi.co.jp/cgi-bin2/qa/detail.pl?goods=1018&id=11&route=message

乳酸菌生産物質

腸内フローラ改善=黄金バランスの確保は、善玉菌から生成された物質を確保することが目的、という側面もあると思います。善玉菌増やすのを待たずして、いきなり生成物を手に入れよう!と考えての乳酸菌生成物質の配合だと、私は考えています。結果だけを得たいという考え方ですね!嫌いじゃないです。

参考:https://koei-science.com/labmetabolites/lactic-acid-bacteria-metabolites/

ビートオリゴ糖

胃酸に強く、胃で分解されずにそのまま腸に到達するオリゴ糖だそうです。善玉菌への栄養供給が目的ですので、プレバイオティクスですね。

大豆イソフラボン

直接的に腸内フローラとの関わりは薄いですが、リンク先を見る限りは体に良さそうですね!ただ、腸内フローラを改善するという観点からはあってもなくても良さそうです。

参考:http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200607/mame.htm

期待される効果は?

さてさて、長ったらしく配合されている8つの成分について見てきましたが、結果としてこのサプリメントには何が期待できるのでしょうか?一言で表すなら、

プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に満たす、シンバイオティクスとしての働きに期待できる

これに尽きると思います。シンバイオティクスについては、以前の記事を読んでみてください♪

 

おなか革命の評判と口コミは?

そんなおなか革命ですが、巷での評判はどんなものでしょうか?少し調べてみるだけでもかなりの口コミが出てきました。

@cosmeで第1位獲得

@cosmeでも第1位を獲得したことがあるそうです。なかなかの人気ぶりなんですね。。

知らなかったです。また口コミと獲得☆数をみても満足度が高いことが伺えます。

@cosmeへのリンクはこちら

 

インスタでの報告者多数!

え、美女まみれ。。インスタからも、かなりの利用者数が伺えます。(しかも全員美女ばかり)

#おなか革命 で検索すればわんさか出てきます。

インスタへのリンクはこちら

 

お得な定期便♪

おなか革命はシンバイオティクスとしての効果・効能に期待できることが、その含有成分から明らかになりました。ではその程は?というと@cosmeやインスタの口コミを見ても分かる通り、かなりの期待が持てます。ナノ型乳酸菌nefなど最新のテクノロジーを駆使した商品で、腸内フローラ改善への自信が垣間見える商品です。

そんなおなか革命ですが、定期便での購入が非常にお得です。定期便購入することで、通常価格の20%引きで購入可能です。もしも、期待したほどの効果が得られないと思った場合はいつでも解約可能です。今なら定期便申し込み(※3ヶ月以上)で、QUOカード500円分もプレゼントという大盤振る舞いです。気になる送料も無料です。ぜひこの機会におなか革命、健康維持に私と一緒に始めてみませんか?